トップページ村政産業振興課新着情報一覧 > 2016全国コットンサミットin信州高山開催しました!

産業振興課 新着情報

2016全国コットンサミットin信州高山開催しました!

 平成28年9月25日(日)、2016全国コットンサミットin信州高山を保健福祉総合センターにおいて開催しました。このサミットは、平成23年に大阪府岸和田市で開催され、今回が5回目の開催になります。

 村では、平成27年4月に信州大学繊維学部、長野県須坂園芸高等学校・長野県須坂創成高等学校、村農業委員会と本村の4者により「綿花試験栽培にかかる連携協働に関する協定」に調印し、綿花の試験栽培を開始しました。今回のサミットは、村民の綿花に関する知識を深めるとともに、綿花の栽培技術を普及させることを目的としており、サミット当日には、県内外から400人を超える方に来場いただきました。

 

 メイン会場のふれあいホールでは、全国コットンサミット実行委員会会長の近藤健一氏と(株)イッセイミヤケ取締役の皆川魔鬼子氏から「世界に通じるエシカルファッション―エンジニアとデザイナーによる未来のライフスタイルの展望―」と題した基調講演や、信州大学繊維学部長の下坂誠氏、(株)高澤織物テキスタイルデザイナーの高澤史納氏、(株)イッセイミヤケ取締役の皆川魔鬼子氏と久保田村長によるパネルディスカッションなどが行われ、天然素材である綿の普及が化学繊維の原料である石油資源の節減につながることや、綿を含む絹・羊毛など天然素材の素晴らしさについてそれぞれの立場から発表がありました。

 高山村地球にやさしい環境基本条例を制定し、自然と人とが共生する村づくりを目指す本村として、綿花栽培が地球温暖化対策に貢献し、地球環境の保全につながる可能性がある資源であることを認識し、理解が深まる機会となりました。

 

その他、高山中学校3年生による「綿花についての学習」の取組み発表や手芸及び綿繰りのワークショップ、全国各地の綿製品や村農産物などの販売、緑の少年団による緑化木の頒布が行われ、大勢の来場者で賑わいました。

 

cottonsummit1.JPG cottonsummit2.JPG cottonsummit3.JPG

cottonsummit4.JPG cottonsummit5.JPG cottonsummit6.JPG cottonsummit7.JPG cottonsummit8.JPG










© 2011 高山村役場
〒382-8510 長野県上高井郡高山村大字高井4972
電話 026-245-1100 FAX 026-248-0066
トップへ戻る