トップページ村政産業振興課 > 環境保全型農業推進の村
環境保全型農業推進の村

環境保全型農業推進の村

環境保全型農業の取組み

▼画像をクリックすると拡大表示します。環境保全型農業の取組み

 高山村は、昭和57年に「地力増進施設(堆肥製造施設)」を開設し、村内の家庭・事業所等から排出される分別生ごみ・家畜(牛)ふん・えのきの廃オガ粉等の資源を再利用した良質な堆肥を製造し農地に還元する、資源循環による農業にいち早く取り組み、平成3年からは、人口フェロモンを活用した果樹の減農薬栽培へ取り組むなど、人と自然にやさしい持続的な農業を実践し、環境保全型農業を推進する全国有数の先進地です。

人口フェロモンを利用した減農薬栽培の取組み

 高山村は平成3年から、害虫のメスが出す性フェロモンを人工的につくって果樹園に設置することで、害虫の交尾を妨害し、発生を抑制する防除方法に取組みました。この人口フェロモンを活用した防除方法により、農薬の散布回数を減らすことができ、安全・安心な農産物を生産することができています。

全国環境保全型農業推進コンクールでの受賞

 高山村の環境保全型農業の取組みは、全国的に高く評価され、平成7年の「第1回全国環境保全型農業推進コンクール」では、人口フェロモンを活用した減農薬栽培の取組みが「全国農業協同組合中央会長賞」を受賞し、平成17年の「第10回全国環境保全型農業推進コンクール」では、全村での資源の再利用による農業の取組みが評価され、「農林水産大臣賞」を受賞しました。

エコファーマー

 高山村では多くの農家が、持続性の高い農業生産方式の導入などによる「エコファーマー認定」を受け、安全・安心な農産物を消費者に届けています。

環境保全型農業によりつくられる農産物

ブランド化が図られた「りんご」「ぶどう」
▼画像をクリックすると拡大表示します。

 

生態系に配慮した水稲の「無農薬米」
▼画像をクリックすると拡大表示します。

 

近年では、恵まれた気候と土壌を活かした「ワインぶどう」の栽培へも取り組んでいます。
▼画像をクリックすると拡大表示します。



© 2011 高山村役場
〒382-8510 長野県上高井郡高山村大字高井4972
電話 026-245-1100 FAX 026-248-0066

トップへ戻る