トップページ村政産業振興課 > 山田牧場〜YAMABOKU〜
山田牧場〜YAMABOKU〜

山田牧場〜YAMABOKU〜

山田牧場〜YAMABOKU〜

 山田牧場は、日本有数のスケールをもつ上信越国立公園のなか、笠岳南西麓の標高1,500mに広がる面積約159haの高原で、明治35年の開牧以降100年以上の歴史をもつ由緒ある牧場です。冬は、全長13kmの日本一のロングツアーコースを有し、広大な自然エリアでパウダースノーが楽しめるウインタースポーツリゾートとして、「ヤマボク」の愛称で親しまれています。

【放牧の状況】山田牧場は、牛にとっても避暑地です!

▼画像をクリックすると拡大表示します。

 牛は、自然交配(種付け)による繁殖と良好な自然環境での飼育(運動不足解消等)を目的に放牧されますが、牛は暑さに弱いため、標高の高い山田牧場での放牧は、牛の飼育環境に適しています。
 また、なだらかな草原のような牧場と異なる、高低差のある山田牧場での放牧は、丈夫で骨太の良質な牛を育てるのに適した環境と言われています。

■牧場管理者  農事組合法人 山田牧場組合
■放牧頭数 毎年約100頭を超える牛が放牧されます。
  牛種別の放牧頭数割合
 ・黒毛(肉用)牛 7割  ・乳牛(ホルスタイン) 2割
 ・その他(ジャージー等)1割
  
■放牧利用者
 放牧する畜産農家は、村内及び近隣市町村のみならず、県外の畜産農家にも利用されています。

■放牧期間 毎年、5月中旬から10月末

■山田牧場組合の種畜「蔵之安福」
 「蔵之安福」は、平成22年に山田牧場組合へ導入された優良黒毛和種の種雄牛で、近年、「蔵之安福」の子牛が「長野県畜産共進会」において、高い評価を得ていることから、その能力の高さが県内外から注目されています。

▼画像をクリックすると拡大表示します。

夏の山田牧場

【爽風】緑の中に憩うふるさと

  高原に響く声、風のささやき鮮やかな夏がやってきます。
  爽やかな空気に包まれる山田牧場の夏。笠岳の南裾に広がる美しい自然が、山田牧場のロケーションとなって、まるでスイスの高原のような景観を見せます。
  広大な放牧地には、のんびりと草を食む牛の姿。上信越の雄大なパノラマを堪能し、高原の植物に出会い、夕べには、信州のサンセットポイントに選ばれた「山田牧場からの北アルプスの夕景」を満喫することができ、笠岳トレッキング、あじさい遊歩道の散策やキャンプを楽しむ人々で賑わいます。
  また、野外音楽堂「カリヨンホール」では、「夏フェス」など、さまざまなイベントが開催されます。

あじさい遊歩道とキャンプ場
▼画像をクリックすると拡大表示します。

 

野外音楽堂カリヨンホール 
HAPPY FARM MUSIC FESTIVAL 2012

▼画像をクリックすると拡大表示します。

 

冬の山田牧場

【静謐】心癒す寛ぎのふるさと

 白銀のベールが舞い降りる感動のウインタースポーツリゾート。
 上信越の山々に白銀のベールが舞い降りると、空気も凛としてくる冬の訪れです。
 夏の放牧地から白銀の大スロープへと姿を変えた山田牧場では、笠岳の南斜面に広がる開放的なゲレンデを舞台に、爽快感あふれるスキーやスノーボードを楽しむことができます。また、標高差800mを駆け下りる全長13kmの、日本一の「ロングツアータコチコース」では、最高のパウダースノーを楽しむことができます。
 また、山田牧場周辺には、温泉をもつ個性ある旅館、喫茶店などもあります。

Yamaboku wild snow park
▼画像をクリックするとYAMABOKUワイルドスノーパーク公式サイトへリンクします。

 


© 2011 高山村役場
〒382-8510 長野県上高井郡高山村大字高井4972
電話 026-245-1100 FAX 026-248-0066

トップへ戻る