トップページ楽しむ > 春の見どころ

高井のや 只一本の 花の雲  小林一茶


春 〜絢爛〜


その古桜はいつも私たちを見つめていました。

 四月、高山村にうるわしい里山の春景色が巡ってきます。さまざまな草花の彩りと樹々の芽吹きに満たされる季節。ことに全国から愛好家を集めているのが、村内の各所に競って咲くしだれ桜の美しさです。
 里の緑を背景に優美な華の滝を舞い降らせる景観は特筆のもの。映画「北の零年」の冒頭シーンも飾った水中のしだれ桜をはじめ、村内約二十本の名木があでやかに競います。古いものは樹齢六百年にも及び、高山の人々と暮らしを見守り続けてきた桜たち。写真でご紹介している水中、坪井、黒部、赤和観音、中塩の桜は「高山五大桜」とも呼ばれています。
 里のしだれ桜の見頃は四月下旬。さらに山田温泉の延命桜、松川渓谷のオオヤマザクラと時期を追って、桜の宴は五月上旬まで続きます。




水中のしだれ桜
水中地区の鹿島神社境内に優美な姿をみせています。寛保年間、鹿島神社を祀った際に植えられたとされており、樹齢約260年を超えています。幹周約4m、樹高約22m。村指定天然記念物。

赤和観音のしだれ桜
赤和地区の奧、観音堂の登り口にたたずむしだれ桜。400年の歴史を持つ赤和観音堂を借景に、枝をいっぱいに広げて咲き誇る姿が印象的です。樹高15m、樹齢約200年。

八滝のオオヤマザクラ
里の桜が花吹雪となって舞い散る頃、ようやく松川渓谷にオオヤマザクラの花ごよみがはじまります。見頃は5月上旬。
渓谷のそこかしこを鮮やかに、濃色のオオヤマザクラが彩ります。

黒部のエドヒガン桜
黒部地区の南、高台に雄大な姿をみせています。花の朱みが濃いエドヒガンならではの彩りが目を奪います。樹齢約500年、幹周約7m、樹高約13m、樹下に「十二宮」が祀られています。村指定天然記念物。

中塩のしだれ桜
なかひら地区にある阿弥陀堂の傍、お地蔵さまを護るようにそびえます。樹高約10m、樹齢は約150年。幾重にも張り出した枝々が花で埋め尽くされると、さながら湧き立つ華の雲のよう。


 しだれ桜の里を満喫する「信州高山桜まつり」。

 毎年、四月の下旬には「信州高山桜まつり」が開催されています。
 恒例となっている「桜めぐりトレッキング」では、毎年テーマに即してそれぞれの桜を愛でてめぐるコースが設けられ、多くの方が参加しています。
 さらに、しだれ桜のライトアップや、高山村自慢の農産物の直売所なども設けられ、しだれ桜の里は、全国からおいでの人々で賑わいの時を迎えます。


© 2011 高山村役場
〒382-8510 長野県上高井郡高山村大字高井4972
電話 026-245-1100 FAX 026-248-0066
トップへ戻る