トップページ暮らす景観形成 > 景観重要樹木の指定をしました

景観形成

景観重要樹木の指定をしました

指定番号第1号 
【坪井のしだれ桜】

推定樹齢600年以上

 三郷地区の坪井地籍にあり、日本彼岸桜見立番付(石川県巨樹の会 製作)で「西の小結」に選定された名木である。樹齢は600年以上と推定され、老樹の気品が漂う桜と評価されている。
  村指定の天然記念物で、樹高約10m、幹周約8m、根元の直径約4m、樹冠約16m。村の五大桜の1つといわれている。


指定番号第2号 
【高杜神社の杉並木】

長さ200mわたりに杉並木100本以上

 高杜神社の杉並木は、鳥居から社殿まで長さ200mにわたり100本を超える木が植えられている。
  この並木は、高井地区の中心として古の時代から地域住民に崇められてきた高杜神社を守るように、幹周約4m、高さ約30mの巨木を筆頭に整然と居並んでおり、森閑とした雰囲気を伝えている。第1回高山村景観賞を受賞している。


指定番号第3号 
【黒部のエドヒガン桜】

推定樹齢500年余り

 黒部集落の南の水田地帯の一画にあり、孤高の気高さを漂わせている。
  幹周約7m、樹高約13m、樹冠約15m。黒みのある主幹が2本あり、1本は垂直で他は斜めに伸びて枝がはうように広がっている。
  花の赤みが濃く、多くの写真愛好家が訪れます。村指定の天然記念物で、樹齢は推定500年余り。村の五大桜の1つといわれている。


指定番号第4号 
【水中のしだれ桜】

推定樹齢250年余り

 水中地区の山すその月生城跡の東麓字滝の入地籍にあり、満開時には薄緋色の滝のごとく咲き誇っている。
  幹周約4m、樹高約22m、樹冠径約12mで、勢いのある大樹である。村指定の天然記念物で、樹齢は推定250年余り。
  村の五大桜の1つといわれている。


指定番号第5号 
【赤和観音のしだれ桜】

推定樹齢200年余り

 樹高約15m、推定樹齢200年余りで、比較的桜の花の赤みが濃い。崖上にあり、支柱で支えられながら山側に伸ばした太い根のみで踏ん張っていて、生命力の旺盛さを見せている。
  村の五大桜の1つといわれている。


指定番号第6号 
【中塩のしだれ桜】

推定樹齢約150年

 阿弥陀堂の道端にそびえている。推定樹齢約150年、樹高約10mで、枝張りが程よくまとまっていて八頭身美人をみるがごとく優雅である。色も赤みが濃く樹勢もよい。枝が滝のように数段さがり、滝さくらの風貌をもっている。
  村の五大桜の1つといわれている。


指定番号第7号 
【横道のしだれ桜】

推定樹齢250〜300年

 久保田家の墓地にあるしだれ桜である。大振りの樹木で、りんご園に囲まれながら遠目によく見える。
  樹高約10m、樹冠も約10m余、幹周約4.5m。幹の太さなどから樹齢は250年から300年と推定される。


© 2011 高山村役場
〒382-8510 長野県上高井郡高山村大字高井4972
電話 026-245-1100 FAX 026-248-0066
トップへ戻る